Ghibli Ojisan Wikipedia

Ghib Ojisan Wikipedia

Ghibli Ojisan, also known as Ghib Ojisan is a Japanese YouTuber currently living in Singapore. His name, Ghibli, is a reference to Studio Ghibli which is a Japanese animated film studio producing excellent animated movies. “Ojisan” means uncle or a older male in his 40s or 50s in the Japanese language. Hence, Ghib Ojisan means “Uncle Ghibli”.

Some of the most popular videos of Ghib Ojisan include his “finger style” guitar busking in various cities around the world. Many of his guitar music feature music from Studio Ghibli films, for example Totoro or Spirited Away.

Ghib Ojisan is born in Osaka Japan, raised in the United States (which explains his excellent English), and now based in Singapore. Ghib Ojisan also goes by the name of Mr Ken.

Ghib Ojisan Occupation

As far as we know, Ghib Ojisan is a full time YouTuber, though he did mention in his videos that he has worked before in corporate firms in Japan as well as in Singapore. According to his Social Blade profile, he has 157k subscribers and can make an estimated $577 – $9.2K per month.

Ghib Ojisan is also known for making a video on the Japanese Occupation in Singapore. His coverage was unbiased and was generally well received by both Singaporeans and Japanese, according to this article on Mothership. He has covered the facts mostly correctly regarding the event, and he feels “terrible” that so many innocent lives were lost.

Ghib Ojisan Singlish

Ghib Ojisan’s signature Singlish opening phrase is “Huat ah! Jippun Lang Lai Liao!”. He has immersed himself very well into Singaporean society, for example he appreciates and likes the taste of durian (most Japanese don’t). He also knows many other Singlish phrases like “paiseh”.


Personally, I find his videos quite entertaining and educational. Do check out his YouTube videos! For example, he interviews his landlord who lived in a kampong to learn more about the kampong life in Singapore during the 1960s.

中国のVPNの完全ガイド

中国でGmail、YouTube、Facebook、WhatsAppにアクセスする方法

中国ではいくつかの重要なWebサイトがブロックされていることはよく知られています。

  • Googleの製品スイート全体。 これには、Gmail、Google検索、YouTube、Googleドライブ、Google Scholarなどが含まれます。
  • Facebookの製品スイート全体。 Facebookが所有しているため、これにはWhatsAppも含まれます。
  • Twitterなど、他のほとんどの「Western」ソーシャルメディア。
  • WordPress.com、Blogger.comなど、ほとんどのブログサイト。 これには、ログインページだけでなく、WordPress.com、Blogger.comなどによって作成されたすべてのサイトも含まれます。
  • Dropboxなどのほとんどのファイル共有サイト。
  • ウィキペディア

トファイアウォールは、ビジネスマン、学生、または単なる観光客であるかどうかにかかわらず、ほとんどの人にとって不便な多くの重要なサービスをブロックしています。 ファイアウォールがより強力になり、多くのVPNが以前ほどうまく機能しないため、近年(2019年以降)悪化しています。

この包括的なガイドでは、中国のグレートファイアウォールをバイパスし、Google、YouTube、Facebookなどに接続するのに役立つさまざまなオプション(VPNなど)について説明します。 無料サービスと有料サービス、および非VPNソリューションが含まれます。

***非常に重要:無料または有料のすべてのVPNは、中国に入る前にダウンロードして設定する必要があります。 中国に入国すると、VPNでアカウントをダウンロードまたは設定できない場合があります。


無料のVPN

ほとんどのWebサイトでは、無料VPNについては何のメリット(手数料)も得られないため、無料VPNについては説明していません。 ここでは、信頼できる信頼できる無料のVPNのみをお勧めします。 データを盗んだり漏洩したりする可能性のある日陰の「無料の」VPNが存在することに注意してください。 以下の無料VPNでは、クレジットカードデータは必要ありません。

***重要:無料のVPNのみに依存している場合は、2つまたは3つの選択肢をダウンロードして設定することをお勧めします。 これは、通常、無料のVPNは安定性が低く、サーバーの場所が少ないためにブロックされる傾向があるためです。

Windscribe Free VPNレビュー

実際の専門会社からの非常にまともな無料VPN。 毎月リセットされる約10 GBの無料のデータ帯域幅が得られ、友達にツイートしたり紹介したりすることでさらにデータを取得できる可能性があります。

Windscribe 10 GBは無料で、Twitterでツイートするだけでさらに多くの可能性があります。

私は個人的に中国のさまざまな都市でWindscribeの無料版を試してみましたが、それは(ほとんどの場合)動作します。 ただし、完全な接続を期待しないでください。 無料のWindscribeを使用する場合は、Windscribeの公式Webサイトでサインアップしてください

TunnelBear無料レビュー

TunnelBearは、クレジットカード情報を必要としない無料プラン(毎月500 MB)も提供しています。 私の経験では、Windscribe FreeはTunnelBear freeよりも優れています(接続の可能性とサーバーの場所の数に基づきます)。 ただし、そうは言っても、Windscribeが接続できないのに、TunnelBearはいつでも接続できることが非常によく起こります。 したがって、Free WindscribeとTunnelBearの両方を入手することをお勧めします。

ランタンVPN無料レビュー

Lantern VPNは、VPNではなく、「ピアネットワーク共有」ツールという意味でユニークです。 VPNとは動作が異なるため、他のVPNがブロックされている間はブロックされない場合があります。 Lanternには無料オプション(URL:https://getlantern.org/)があり、中国にいる間に制限付きウェブサイトを閲覧できます。

有料版(Lantern Pro)にアップグレードすることにした場合、より多くのデータとより高速な速度が得られます。 私のコードYJVD2WTを使用して、サインアップすると3か月間無料で利用できます!

無料のVPNの結論

Free VPNルートを利用する場合は、複数の選択肢が必要であることを強調することはできません。 中国に足を踏み入れる前に、上記の3つの無料VPNをすべてダウンロードしてセットアップすることを強くお勧めします。


有料VPN

有料VPN(中国語の翻訳)は、月間(または年単位)のサブスクリプション料金が必要なVPNを指します。多くのサイトがあなたに言っていないのは、有料VPNでさえ100%動作しないということです。通常、VPNはGreat Firewallとの軍拡競争にあります。ファイアウォールがVPNをブロックするためにアルゴリズムの更新を行うと、VPNはそれ自体のブロックを解除するためのタイムスクランブルを行います。その間、VPNは公開されません。そうは言っても、有料のVPNにはより多くのサーバーオプションがあるため、通常はサーバーの数が少ない無料のVPNと比較して、それらのサーバーの1つに正常に接続できる可能性が高くなります。

PureVPNレビュー

PureVPNは、手頃な価格と実績により、有料VPNの最高の選択肢です。

PureVPNには、特別な「中国向けに最適化された」サーバーセットがあり、ユーザーは中国のグレートファイアウォールを効果的かつ自動的にバイパスできます。ファイアウォールによる激しいブロッキングが発生した場合は、PureVPNサポートにお問い合わせください。次に、メインアプリを修正しながら、サーバーに接続するためのアドホックな手動手順を指示します。 (私は以前これを試しました。)

この公式PureVPNリンクを使用してPureVPNにサインアップしてください

プロモーション:クーポンコード:discount10を使用して、PureVPNサブスクリプションをさらに10%割引します。

NordVPNレビュー

NordVPNは、すべてのオンラインVPNの中で常にトップにランクされています。 NordVPNはパナマに本拠を置いていますが、パナマには必須のデータ保持法がないため、ログは絶対に保存されません。

NordVPNには、ユーザーのトラフィックを偽装してファイアウォールで検出されないようにする「難読化サーバー」機能もあります。

この公式のNordVPNリンクを使用してNordVPNにサインアップしてください

有料VPNの結論

多くのサイトはこれを教えてくれませんが、2019年には中国では有料VPNでさえ100%動作しません。 また、都市にもよりますが、時には北京では機能しますが上海では機能せず、その逆もあります。 上記のような優れたVPNは、ダウンタイムを最小限に抑えるためにアルゴリズムを常に更新しています。 バックアップとして機能する無料のVPNを1つまたは2つ追加して、有料VPNを確実に補完する必要があります。


香港マカオSIMカード

中国のグレートファイアウォールをバイパスする簡単な方法は、香港とマカオのSIMカードを使用することです。 これは、香港とマカオが中国の一部であるにもかかわらず、「1つの国、2つのシステム」法の下にファイアウォールが存在しないためです。 要約すると、このSIMカードを使用して、Facebook、WhatsApp、Googleに確実にアクセスできます。

軽度から中程度のインターネットユーザーの場合、これは優れたオプションです(SIMカードには6 GBの高速データ制限があり、その後はデータはありますが、速度は128kbpsに低下します)。

ヒント:SIMカードはChina Unicomから購入する必要があります。これは、中国で最大かつ最も信頼性の高い通信会社の1つです。

China Unicom SIMカード(Amazon’s Choice):


The Greatest China 30-Day Data SIM

English version: Complete Guide to China VPN

Hokkaido University Photo Gallery and Trip Guide

These photos are from a trip to Hokkaido University in August 2017. Hokkaido University is just walking distance away from Sapporo station, and is worth spending an afternoon there. Admission is free. Even in the hottest summer, Hokkaido has cool weather, ranging from around 17 degrees to 25 degrees.

Some places to visit are the Poplar Avenue, and also the Hokkaido University Museum (check the time, it can close as early as 5pm.) Also, the statue of one of the founders, Dr. William Smith Clark, is also a good place to visit. There is also a monument of the school motto: “Be ambitious!” (少年よ、大志を抱け )

Raven/crows can be spotted all around the campus of Hokkaido University. They are the largest raven I have ever seen, about the size of a small eagle.

A random willow tree in Hokkaido University.
Students can be found reading or just sitting in the field. I even spotted one student practicing violin.
The famous Poplar Avenue of Hokkaido University.

A small stream running through the middle of Hokkaido University.
Hokkaido University Museum: A Town Plan of Hokkaido University.
Poster in Hokkaido University Museum.
Chemical Structure in Hokkaido University Museum.
The Hokkaido University Museum is 3 storeys. It is quite big actually, there should be enough things to see for around one hour or more.

The below are some photos from inside the Hokkaido University Museum.

 

A signboard in a garden.

 

A large raven in Hokkaido University. It is much larger than it looks in the photo.
The famous motto of Hokkaido University: “Be ambitious!” (original words: “boys, be ambitious!”)

Asia-Pacific higher education is becoming a global force: Confucian Zone of Education

Source: http://www.timeshighereducation.co.uk/411726.article

Asia-Pacific higher education is becoming a global force, but only some nations in the region have achieved or approached parity with Western Europe and North America.

The truly spectacular success story is from the Confucian zone in East Asia. Japan achieved high participation rates and research-intensive universities in the 1970s: now Hong Kong, Singapore, South Korea, Taiwan and China are following suit. Student numbers and research are growing by leaps and bounds.

East Asia embodies a new Confucian model of higher education. The key is the willingness of families to invest in schooling, tertiary education and extra tuition. Households are driving the growth in participation. Private investment is secured less by neoliberal ideology than an older Confucian respect for self-formation via education, within a social hierarchy “harmonised” by fierce competition for university entry.

China and Singapore maintain higher public funding. But the jury is still out on the extent to which these systems can foster a spirit of openness, criticism and free-wheeling creativity.

Continue reading at http://www.timeshighereducation.co.uk/411726.article

Make Britain Count: ‘Stop telling children maths isn’t for them’

Source: http://www.telegraph.co.uk/education/maths-reform/9621100/Make-Britain-Count-Stop-telling-children-maths-isnt-for-them.html

“The title comes from the central argument of the book,” says Birmingham-raised
Boaler, “namely the idea that maths is a gift that some have and some don’t.
That’s the elephant in the classroom. And I want to banish it. I believe
passionately that everybody can be good at maths. But you don’t have to take my word for it. Studies of the brain show that all kids can do well at maths,
unless they have some specific learning difficulty.”

But what about those booming Asian economies, with their ready flow of mathematically able graduates? “There are a lot of misconceptions about the methods that are used in China, Japan and Korea,” replies Boaler. “Their way of teaching maths is much more conceptual than it is in England. If you look at the textbooks they use, they are tiny.”

Professor Boaler’s tips on how parents can help Make Britain Count.

1 Encourage children to play maths puzzles and games at home. Anything with a dice will help them enjoy maths and develop numeracy and logic skills.

2 Never tell children they are wrong when they are working on maths problems. There is always some logic to what they are doing. So if your child multiplies three by four and gets seven, try: “Oh I see what you are thinking, you are using what you know about addition to add three and four. When we multiply we have four groups of three…”

3 Maths is not about speed. In younger years, forcing kids to work fast on maths is the best way to start maths anxiety, especially among girls.

4 Don’t tell your children you were bad at maths at school. Or that you disliked it. This is especially important if you are a mother.

5 Encourage number sense. What separates high and low achievers in primary school is number sense.

6 Encourage a “growth mindset” – the idea that ability changes as you work more and learn more.